バニラ最中のゲーム制作日記

主にティラノビルダー・tyranoscriptによるゲーム制作を主とした雑記ブログになると思います。

【ゲーム感想】『公衆電話』紹介!

皆さんこんにちは!

バニラ最中です!

 

一応、ゲーム制作日記ということでこのブログを立ち上げたのですが、

他の方のティラノ製ゲームをプレイして、感想が書きたくなったので、

プレイ感想記事も投稿することにしました!

正直、自分のゲーム制作記事だけだと更新のネタが……

 

というわけで、今回のゲームはこちら!

 

novelgame.jp

 

加藤匠さんの制作されたノベルゲーム、

 

公衆電話

評価
です!
 

https://novelgame.jp/files/picture/2056/m_0_1535299917_da189f00fa59df763bf82fbb95ca1e3c_fes.png

 
※【注意】以下、ネタバレあり
 
ある夜、飲み会の帰りに主人公(ゲームクリエイターの男性)は
自分が公衆電話の中に閉じ込められていることに気付きます。
何故かガラスは割れず、手元にあるのは3枚の10円玉だけ。
電話を掛けられるのは三回だけ。
いったいどの番号に掛ければいいのか……?
 
という感じのシチュエーションのホラーノベルゲームです!
 
選択肢ではなく「どの番号に電話を掛けるか」で分岐するという
一風変わったシステムが特徴ですね。
電話を掛けられるのが三回だけということもあって、
一周は5分もかからずにクリアできます。
ですが、もちろん最初は何も情報が無くて、
物語の真相には少しも近付けません。
わかっている電話番号に手当たり次第に掛け、
そこからまた新たな電話番号を知り、
さらに別の相手に助けを求める……
そんなことを繰り返して、少しずつ、少しずつ真相と脱出へと近付いていくゲームです。
 
中盤(?)からは「過去の電話番号に電話を掛けられる都市伝説」も絡み、
小さな電話ボックスの中で現在と過去が交錯する展開になります。
メッセージ性も深く、ゲームをプレイした後には
今の人生を見つめ直すような、感慨深い気分になれます。
 
トゥルーエンドには辿り着きましたが、まだ他にもいろいろやれることがありそうで、
ついいろんなことを試してしまう……そんな魅力を持った、楽しいゲームですね。
 
 
 
 

 

ティラノビルダー PRO ティラノビルダー PRO